画像
画像

カウンセラー

ご挨拶

唐津 由佑(Karatsu Yusuke)

  画像
カウンセリングではじめて自分のことを話すというのは、勇気がいることかもしれません。申し込みするまでの間に、様々なことを考えることでしょう。

「こんなこと人に話すことだろうか」
「話がまとまっていないけど大丈夫だろうか」
「ヘンにおもわれないだろうか」
「話して一体何になるというのだろう」

しかし、今まさに「相談しようか迷っている」ということは、あなたの「こころ」が「誰かに聞いてもらうこと」や「外に向かって表現すること」を求めているサインかもしれません。

安心してお話しいただける雰囲気を心がけ、お困りごとをめぐる様々なお気持を、一つ一つていねいに受け止めていきたいと思います。

セッションでは、日常のあなた自身や人間関係などに「起きていること」や、それについてあなたが「感じていること」等を、カウンセラーとともに細やかにふりかえり、あなたがしっくりとくるような描写を共有していきます。(ときに日常でのそれらの記録をお願いすることもあります)。

うまく言葉にならないこと、話しづらいこともあるかもしれません。それでも大丈夫です。あなたのペースを尊重し、じっくりと言葉をつむぐお手伝いができればと思います。

あなたの体験をカウンセラーとともに吟味、整理しながら、どんな問題やパターンがあり、それが今のあなたに何をもたらしているのか、あなたが大切にしている価値とのズレはどのようなもので、どんなところを目指していきたいのかを一緒に探っていきたいと思います。

私たちは「よくわからない苦痛」を「耐えがたい」と感じます。問題の性質やパターン、見とおしがはっきりとしてくると、霧やモヤが晴れるように、それだけですこし気持ちはラクになるかもしれません。

おおくの場合、問題や悩みというのは、私たちの日常を支配し、活力をうばい、負の連鎖反応を引きおこします。問題の正体が見えてきたところで、それがあなたやあなたの周りの人にもたらしているネガティブな影響を「セラピストとの共同作業」かつ「ステップ・バイ・ステップ」で軽減していくことに取りくみます。それと同時にあなたの人生がいきいきとしてくる「何か」を掘り起こしていくスタンスを大切にしています。


資格

・臨床心理士(登録番号 第27101号)
・公認心理師(登録番号 第9765号)

経歴

・大阪府枚方市出身。
・学生時代に6年間、適応指導教室にて不登校児童・生徒の支援を行う。
・京都教育大学大学院教育学研究科、修士課程修了。その後、臨床心理士資格を取得。
・精神科で10年間勤務。アルコール依存症をはじめとする各種精神疾患の当事者及びその家族の心理社会的支援を行う。
各種アディクション(依存症、嗜癖、やめたいけどやめられない)、生きづらさ、不安、緊張、強迫性障害、パニック、うつ、無気力、ストレス関連の身体症状、過食嘔吐、親子関係、アダルトチルドレン、夫婦関係、対人関係、発達障害等の相談経験あり。

アプローチの特徴

来談者中心療法、認知行動療法、臨床動作法、ブリーフセラピー、ナラティブセラピー、家族療法、マインドフルネス、気功等のボディーワーク系セラピー等、種々の理論や技法を相談者様のご希望やニーズに合わせて組み合わせ、相談者様にご納得していただける形でセッションをすすめていきます。

所属学会

・日本心理臨床学会
・日本臨床動作学会

余暇の過ごし方

子どもと公園で遊ぶことが多いです。ほかにもジャグリング、アコースティックギター、カラオケ、野山の散策、読書、インドカレー店めぐり、Webページデザイン等多趣味です。